初心者から丁寧に学べるマンツーマン指導

空手で出稽古にこっそり行ったら先生にばれて怒られた話

2020/03/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

こんにちは

めぐ@丁寧な空手家育成教室(@karateOlympic)です。

この間、こんな質問がきました。

Aさん
お世話になります。子供が空手を習っています。しかし道場には、練習相手がおらず後輩の面倒をみるばかりで自分の練習ができず、先生に出稽古に行かせて欲しいと相談をしたんですが、出稽古はだめだと言われてしまいました。どうしたらいいのか分からず相談をしました。よろしくお願いします。 

この質問を頂いたとき『あ〜またかw』って思ってしまいました。

先生のプライドもあるので出稽古に行けない環境を変えるのは正直言って無理です。

私が小学生の時に、先生から「出稽古に行かせない」と言われ、こっそり出稽古に行って失敗した話をします。

絶対に私の真似はしないでくださいね。

出稽古に行っても絶対にばれる

いくらこっそり出稽古に行ったとしても「ばれないだろう」と、すました顔で道場の練習に参加をするも先生からお呼び出しが…

お前こっそり出稽古に行っただろう」と呆気なくばれてしまったんです。

「こんなに早くばれるもんなん?」と私は思いましたが、ばれてしまえば言い訳はできません。

どこからそんな情報を手に入れたのかはわかりませんが怖いものですね…

そこから先生は「出稽古に行きたいならちゃんと報告をしていくように、先生も相手の道場にはお礼を言わないといけないから出稽古に行くときは連絡をして怪我をしないように練習をしてこい」とおっしゃってくださいました。

でも先生はいい顔をしていませんでした。

その当時の私は、全国大会で優勝をしたかったので、先生の教えだけでは足りなかったんです。

道場でも全国大会に毎年出るのは私しかいなかったので、練習相手もいません。

ましてや、先輩からもいじめられていたため練習は後輩とばかりしていました。

小学生のときから高校生の部活に参加するほどだったので、無駄な練習をしている暇はなかったんですよね。

でも、空手はめちゃくちゃ楽しかったです。

先生とは違う指導をされる

これは当たり前ですよね。

流派が違えば教え方も違う。

道場の中でさえ、先生同士の教え方が違うのに、よその道場に行けばなおさら教え方も違います。

教え方が違うので最初は戸惑うこともありましたが

めぐ
こんな練習方法もあるんだ!このときにはこんな技の出し方もあるんだ!

と普段の練習で得ることができない練習を知ることもできました。

出稽古先で習った練習を道場で練習できない

せっかく他の先生に指導をして頂いたのに、実戦で練習ができるのは自宅での練習しかありませんでした。

道場で新しい練習をすれば、周りの子も見たことがない練習に興味をもちみんなやりたがるんですよね。

しかし、道場の先生の方針ではないため先生の前では絶対に練習することができません。

道場はあくまでも先生が主体となるため、道場では先生の言うことに従うしかないんです。

学んでいる立場なので自由にはできませんよね。

柔軟に対応をしてくださる先生ならば話は変わりますが、なかなか他道場の練習を「やってみよう!」と前向きな先生はいないはずです。

なのでもし、出稽古に行けたとしても道場では先生の言うことを聞いましょう。

最後に:揉めないためにも出稽古の許可は絶対に必要

試合で勝ちたいけど、先生のレベルが限界だから出稽古に行きたいけどなかなか許可が出ない。

道場を辞めたいけどお世話になっているし辞めにくい。

試合で勝ちたいなら今のレベルに合わせた、道場に所属をしないと必ず今の道場では限界がきます。

本人の練習方法や意識の問題で解決できる話ではありません。

所属している道場で、そのレベルに合った練習相手がいないとモチベーションも落ちてしまうし、後輩の面倒ばかりみていも試合で勝つのは無理です。

やる気や本人云々の問題ではありません。

なのであなたが本気で出稽古に行きたい気持ちがあるのであれば先生が「だめ」と言っても「なんでだめ」なのかをしっかり聞き、あなたの気持ちを全部伝えてみてください。

伝えるには1回だけではないですよ。

20,30回と先生の心を動かすまで諦めないでください。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 空手きんぐ , 2020 All Rights Reserved.